楽しみなチャンピオンズリーグ決勝

投稿者: | 2019年4月24日

毎年開かれるヨーロッパのサッカークラブチームの世界一を決める大会を、いつも楽しみにしています。そして2018-2019シーズンの大会も1試合を残すのみとなりました。

決勝戦はトッテナム・ホットスパーズとリバプールのイングランド対決です。この2チームは何度も国内リーグで顔を合わせています。そのためお互いが手の内を知っているわけで、作戦を練って勝利を目指すというよりは、お互いが力を出し切って勝負に挑むことになります。

イングランドプレミアリーグではマンチェスター・シティーが優勝し、リバプールは惜しくも2位という結果になりました。しかし今シーズン、リバプールは国内リーグで1敗しかしなかったのです。またプレミアリーグが始まって以来の最高勝ち点での2位という記録を作り、いつ優勝してもおかしくないチームであることを証明しました。この悔しさをばねに、チャンピオンズリーグ決勝ではいい試合をしてくれることでしょう。

それに対してトッテナムは、乗りに乗っているチームです。もともと実力のある選手がそろっているチームではあるものの、歯車がかみ合わなかったり、ここぞというときに力を発揮できなかったりと、惜しくもタイトルを逃し続けてきました。しかし最近では一流選手たちが安定した力を発揮するようになり、評判通りのサッカーができるようになったのです。

チャンピオンズリーグの準決勝では、2チームとも似たようなピンチを信じられないような力ではねのけました。まずトッテナムですが、準決勝の第一戦でアヤックスにホームで敗れてしまいました。そのためかなりのハンデを負って第二戦に臨んだわけですが、敵地で3-2のスコアで勝利し、見事決勝にコマを進めたのです。

そしてリバプールのほうは、アウェーではあったものの強豪バルセロナに3-0というスコアで敗れてしまい、決勝進出は絶望的のように思えました。しかしホームで行われた第二戦で攻撃陣が大爆発し、4-0というスコアでバルセロナを逆転したのです。このように両チームともに勢いがあります。

しかし心配な面もあります。まずトッテナムはエースのハリー・ケインが怪我をしてしまい、決勝戦の出場は無理であろうとされています。またリバプールのほうも、エースのモハマド・サラーが脳震盪を起こしたり、ロベルト・フェルミーノが怪我をしていたりと、不安要素を抱えています。それでも両チームが最後の戦いに全力を尽くすのは間違いありません。試合は日本時間の深夜になりますが、今からテレビ中継を楽しみにしています。